top of page
検索
  • 執筆者の写真Barbara(店番)

ハロウィーン

                    

ハロウィーンの夜、たまたま街に出ましたら、いろいろなお化けに仮装した若い人たちをたくさん見かけました。昔は日本にはなかったハロウィーン、すっかり定着しましたね。いろいろな意見があると思いますが、楽しいことが増えるのは賛成です。ハロウィーンはアメリカのお祭りで、10月31日の夜、あらゆるお化けや魔女が集会を開くーというような伝説だったように思います。


私はSF作家レイ・ブラッドベリの短編小説で知りました。あのお話はまだ読めるのでしょうか。創元文庫だったと思うのですが。お化けなのに体が弱く、魔術の一つも見せられない主人公が、ハロウィーンの夜に自分の死の影を見るという物悲しいお話でとても好きでした。また、前知識なしで映画「ハロウィン」を見て、背筋が凍ったのも楽しい思い出です。


 今ではなんだか若者が街で騒ぐ口実のようになっていますが、子供たちが仮装して家々を回ってお菓子をもらうというイベントはもっと広まってほしいですね。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

始動! 新しいノマリアム​

ノマリアムの2023年の夏は特別でした。 ​ 外に出るのもままならないほどの暑い夏、 当店の顧問を長年務め、お客様にも大変可愛がっていただいていた、スコティッシュフォールドのたますけさんが虹の橋を渡ったのです。スコティッシュフォールドの宿命ともいうべき骨軟骨異形成省と数年にわたって格闘しそれでも明るく元気に勤めていたたますけさん、13年の生涯でした。 ​ スタッフ一同、覚悟はしていたもののすっかり

Commentaires


bottom of page