top of page
検索
  • 執筆者の写真Barbara(店番)

マスクは暑いので

(2020.7.1 )



マスクはどうやっても暑いですが…

 もはや生活に欠かせないアイテムとなったマスク。不織布マスクの不足は解消されたものの、マスクに厳しい酷暑の季節を迎えました。様々なメーカー・ブランドから「涼感マスク」が販売されています。

⚘日本では首都圏以外終息の兆しが見えたと錯覚しがちですが世界に目を向けると今や感染者数マックスに。このまま外国からの入国が以前のように許可されたら確実に再流行するのでは?油断は禁物、まだまだマスクをとることはできません。


⚘少しでも涼しくする工夫をということ

で、様々なメーカー・ブランドが涼感マスクを発売しています。当店も涼感素材のマスクを開発・販売いたしております。店番の個人的意見ですが、不織布マスクより布マスクが過ごしやすいような。エバークールというつけた瞬間に冷たさを感じる素材、赤ちゃん用のメッシュ素材、リップル、日本古来の涼感素材しじら織など。


⚘しかしそれらの涼感素材もしばらくすると暑くなってきます。そこでいったん外し、予備の涼感マスクに付け替えます。外したマスクはマスクケースに。しばらくするとまた冷たくなっていますので、再び付け替えるの繰り返し。お試し下さい。

1台ですが、駐車場もご用意いたしております。

ぜひお出かけください。

*ご入店の際はマスク着用をお願いいたします。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

始動! 新しいノマリアム​

ノマリアムの2023年の夏は特別でした。 ​ 外に出るのもままならないほどの暑い夏、 当店の顧問を長年務め、お客様にも大変可愛がっていただいていた、スコティッシュフォールドのたますけさんが虹の橋を渡ったのです。スコティッシュフォールドの宿命ともいうべき骨軟骨異形成省と数年にわたって格闘しそれでも明るく元気に勤めていたたますけさん、13年の生涯でした。 ​ スタッフ一同、覚悟はしていたもののすっかり

Comentários


bottom of page